小谷温泉山田旅館で自炊で湯治。

小谷温泉山田旅館の外観 小谷温泉の湯治宿たる山田旅館は江戸時代に建築された建物を始め、文化庁の登録有形文化財に登録された木造建築が6棟ある風情ある宿です。
また山の中にある1軒宿ですが、そもそもこの辺りはちょっと北にでれば日本海。 旅館に泊まる人は海の幸、山の幸が両方楽しめる。
自炊の場合は近くに食材を売っているお店がないので事前準備をぬかりなく。

小谷温泉山田旅館正面入り口
小谷温泉山田旅館の部屋
小谷温泉山田旅館の廊下
小谷温泉山田旅館のいろりのある居間
山田旅館には江戸時代建築の本館、 大正時代建築の新館、 昭和63年に建築の別館があります。

私が宿泊した物は本館です。本館には台所が有り自炊ができますが、 食事をお願いすることもできました。
その場合、1泊2食付きで9000円くらい~。
自炊は5000円~です。

信州への旅行を考えたとき、なかなか自炊ができる宿が見つからなかったのですが、 東北と違い、現在は少ないようです。

調理器具と食器は貸してもらえますが調味料などはご持参を。

お風呂は小谷温泉の3つの源泉のうち、2本引いています。
自然湧出の天然温泉の掛け流しで、飲泉もあり。

有数の豪雪地帯でもあるので、冬の積雪は4mを超え。
近くにオリンピックをやった白馬とかがすぐ近くなのですから当然といえば当然です。

でも、この旅館通年営業してますので、冬でも泊まれる。
真夏に訪れたにもかかわらず、冷房不要でむしろ夜は寒かったですから、
冬に行くのは相当な覚悟がいりそうな・・・。
特に本館は寒さのあまり部屋から出るのが嫌だろうなぁ・・・。

小谷温泉山田旅館の本館
タグ : 小谷村 , 小谷温泉 , 山田旅館 , 湯治 , 自炊 , 長野

小谷温泉[長野県]の記事一覧