微温湯温泉ってどんなとこ?

微温湯温泉二階堂の外観 福島駅から車で1時間弱。吾妻小富士の東山腹、標高920mにある山の上に一軒宿の「旅館二階堂」があります。周囲に民家はなく、道路はこの温泉で行き止まり。山の中にひっそりとたたずむ3棟の建屋と名前の通りぬるい湯が特徴です。
溶岩流の下から湧き出る自家源泉は、眼病に特効があるとされています。湯温が低いことからかなり長湯が可能だが、それも外気温次第。長湯したいなら夏に行く方が無難かな。営業期間は4月末から11月中旬ですのでご留意を。

微温湯温泉への行き方

微温湯 道路標識 最寄り駅はJR福島駅。
駅の西口から土船行きのバスに乗り、水保バス亭で下車。
宿の車は水保バス亭まで迎えに来てくれます。

福島駅は東口の方が栄えており、バスも頻繁に行き来しているので注意。
私、間違えて東口で待機してしまい、気づいたときには後の祭り。
西口と東口の連絡通路は距離があるので間に合いませんでした。
タクシーで追いかけたところ、たまたま宿の送迎バスがまだ水保バス亭にいたので 3000円ほどですみましたが、宿までタクシーだと1万円くらい行きそうな距離です。

帰りは福島駅まで送ってくれます。

自炊の方は水保の北1キロくらいの場所にJAの直売所があるので、
高湯方面のバスに乗り、買い物してから水保に歩いて行くのも手です。
(詳細は別途記載します。)

車の場合は県道福島微温湯温泉線が市内からの最短ルートですが、
2015年5月初旬は通行止めでした。(途中舗装のないところがあるそう。)
遠回りですが、吾妻総合運動公園の北側から迂回して行きます。

参考サイト:微温湯温泉への行き方[漆器もある生活]


大きな地図で見る

微温湯温泉周辺の観光情報


微温湯温泉周辺の湯治宿、温泉郷


福島の名物・お土産品


タグ : ぬる湯 , 二階堂 , 冷泉 , 微温湯温泉 , 温泉 , 湯治 , 福島 , 自炊

微温湯温泉 [福島県]の記事一覧