滑川温泉周辺で外食を楽しむ。

あけびの肉詰め 自炊設備がある湯治宿に泊まるからといって、自炊をしなければならないワケではない。
要は「素泊まり」と同じ。だから名物を食べ歩いたり、地元の人気店に乱入したりと、1泊2食つきのプランとは違った楽しみ方が味わえる
滑川温泉の最寄り駅:JR峠駅は鉄道マニアが集まるスポットであり、温泉周辺の山はハイキング愛好家が沢山訪れるところでもあります。峠駅は小さいけど、素朴で美味しいモノをたべさせてくれるところがあります。
ただし、峠駅周辺の食堂は夜は営業してないので注意です。

峠の茶屋 最上屋 山形県米沢市大沢848 tel: 0238-34-2301

峠の茶屋 外観 懐かしい駅での立ち売りで販売する「峠の力餅」が有名な駅前にある軽食堂。
元々は初代ご主人が茶屋自慢の大福を鉄道工事に携わる人たちに振る舞ったのが評判となり、 後に駅売りするようになったとのこと。今でも列車の到着時間に駅売りをしています。
山形新幹線の開通により峠駅は新幹線が停車しないのですが、新幹線内では車内販売でも売りにきます。
茶屋ではお土産用の力餅よりもつきたてのお餅を是非どうぞ。

峠駅での駅売り峠の力餅中身峠の茶屋で食べられるつきたてお餅

峠の茶屋 江川 山形県米沢市大沢 tel: 0238-34-2028

峠の茶屋その2 外観 峠駅前にもう一軒ある食堂です。最上屋さんはつきたてお餅や力餅の土産品を買う人が訪れますが、こちらは米沢の山の恵みを味わえるのが嬉しい。 その季節に手に入った地の材料で作ったものがメニューになります。
秋だったので定食はアケビの肉詰めや茸ごはんなど、山の幸が満点でした。 最近は輸送技術が発達したので山の中でも海の物を食べられますが、やっぱり私は 山では山の美味い物を食べたい。この店はそれをかなえてくれした。

峠の秋定食アケビの肉詰めあけび

福島 飯坂温泉:餃子の照井  tel: 0238-34-2301

飯坂餃子 照井 外観 滑川温泉から福島を経由して飯坂温泉に立ち寄り。
飯坂の名物は餃子とか。餃子といえば宇都宮ですが、宇都宮の餃子は昼の餃子で、 対する福島の餃子は夜だそう。確かに宇都宮の餃子屋は閉まるの早い。
静まりかえった温泉街の中でひときわ賑わっていたこのお店。 開店から客足は止まらず、行列ができてしまいました。
キャベツとニンニクたっぷり。カラッと揚げ焼きで軽い餃子です。

飯坂温泉の餃子飯坂餃子の中身 飯坂の鉄板焼きそば

福島 飯坂温泉:周辺でテイクアウトしたもの

お総菜と地酒 飯坂温泉の餃子は野菜がたっぷりで軽いので、 新幹線の中のおつまみをいろいろテイクアウトしました。
地酒のワンカップと山形の郷土料理やのお総菜。そしてラジウム卵です。 飯坂温泉はラジウム玉子発祥の地だそうで、 飯坂駅の売店や福島駅のエスパの土産物屋、魚屋などで売っています。
飯坂温泉の泉質にラジウムが含まれているのが、名称の由来だそうです。 温泉卵よりも少し湯温の低い51度で作られています。

ラジウム卵 ラジウム卵
タグ : 夜の餃子 , 山形県 , 峠の茶屋 , 峠駅 , 飯坂温泉 , 餃子

滑川温泉 [山形県]の記事一覧