夏油近郊で外食。列車のお楽しみなど。

一ノ関名物ソースカツ丼 湯治宿に泊まる=自炊をしなければならないとい訳ではありません。 基本的に素泊まりと一緒なので、量や質は自分の好みや胃の大きさに合わせつつ、ちょっと旅行気分で名物を食べたりするのが楽しいのです。
素泊まり感覚で泊まって食事は外食するのもあり。 夏油は町まで出るのに時間がかかるので温泉のin-out前後の昼食を楽しむんで終えましたが、 北上が押してるコロッケを買って温泉で食べたりも楽しめます。

北上で食べる:北上市観光協会。

夏油温泉から北上にでてご飯を食べたりする場合はこちらをチェック。
北上で買い物や昼食を食べてから山に登る場合もさんこうにしてください。

この旅では一ノ関と気仙沼、仙台をまわったので、北上の情報はありません。
ご了承ください。

【一ノ関】和風レストラン 松竹

和風レストラン 松竹 住所:岩手県一関市上大槻街2-1 電話:0191-23-3318
営業時間:10:00~19:30 定休日:不定休

場所は一ノ関駅ロータリーの目の前にある食堂。 様々な和食がありますが、創業者が卵が苦手だったので試行錯誤して完成させたというソースカツ丼が一押し。これを食べるために行きました。
カツにウスターソースに鶏ガラスープと醤油をブレンドして作った特製ソースがかかっていて、 このソースが美味しい。
群馬、福井とソースカツ丼食べにいったけど、この店が一番好き。

ソースカツ丼定食ソースカツ丼定食和風レストラン 松竹のソースカツ丼

【気仙沼】 ゆう寿司

石巻 ゆう寿司 宿をチェックアウトした後、気仙沼まで観光ででました。
ちょうどウニが解禁になった直後だったので気仙沼ご自慢の新鮮なウニを堪能しました。 フカヒレは一応ネタとして。(店主もあえてすすめてはいなかった。)
ウニはミョウバンで処理をしないと出荷出来ないため、産地以外で食べるウニはどうしてもミョウバンの味がほんの少し残ってしまう。だからのりを巻いて軍艦にしてそれをごまかすのだといいます。取れたてのウニをそのまま出せるので軍艦ではなくウニの握りなんだって。

2011年の震災はこのお店も影響を受けていると思います。
復興したら必ず気仙沼に行きます!という思いを込めてあえて載せました。
三陸海鮮丼。ウニがてんこ盛りでうまかったです。

別サイトに旅行直後に書いた記事≫ 気仙沼で美味いのはフカヒレでもモツでもなくてウニだ~♪
気仙沼 ゆう寿司の海鮮丼気仙沼 ゆうずしの握り気仙沼 ゆう寿司のフカヒレ握り

番外:列車の中で楽しむ こがねフカヒレ号と東北新幹線

JR特急こがねフカヒレ号の車内 気仙沼から仙台にでて仙台から東北新幹線に乗ります。
気仙沼港でしらすとワンカップ。お菓子などを買い込み、 さらに仙台帰りには必ず買う石巻の「ササかまぼこ」と「100円おつまみ」。 おつまみは志津川港の山内鮮魚店が販売しているもので、新幹線口のNEWDAYSにしか売ってなかった。
こちらのいずれのお店も2011年3月11日の震災で被災しました。
現在、復興にむけてがんばっておられます。
我が家では仙台に行くたびに必ず買っていた思い出の味です。復活、応援してます。

宮城の特急や新幹線に持ち込んだ食べ物
タグ : ソースカツ丼 , 一ノ関 , 北上 , 夏油温泉 , 気仙沼 , 海鮮丼

夏油温泉 [岩手県]の記事一覧